腸内細菌がどういう働きをしているのかについて知っておくことも、今後オリゴ糖で対策を講じるには有効であると言えます。私たちの腸内には、細菌が存在しているのですが、どういう種類の菌が優勢であるかによって、腸の状態が決まるのです。では、腸内細菌の具体例について、ここでは見てみましょう。

体内の菌は、大きく分けると三種類に分類できると言われています。善玉菌、悪玉菌、日和見菌と存在するのですが、この中で最も増やしたいのが善玉菌です。というのも、この種類の菌は、便通がスムーズになるだけでなく、腸に対しても身体全体に対しても、プラスの方向で働いてくれるからです。それとは反対に、可能な限り抑制したいのが、悪玉菌です。毒素の量が増え、便秘の状態が悪化するだけでなく、腸も不健康な状態へと陥ります。最後の日和見菌については、善玉菌にも悪玉菌にも変身します。できることなら日和見菌を善玉菌に変身させたいものですが、そのためには善玉菌の量を増やすことがカギです。もし善玉菌と悪玉菌割合が2:1より良くなれば、残りの日和見菌も善玉菌の味方をしてくれます。

このように、腸内細菌の状態いかんによって、腸の状態は変わるのです。健康な状態を保つためにも、善玉菌の力を最大限に活用しましょう。

Published by 運営者