オリゴ糖を活用して腸内環境を整えるにあたっては、ビフィズス菌が増加するというメリットが期待できます。この菌はいわゆる善玉菌の一種で、腸内における環境を整えていくためには必要不可欠な存在です。腸が元気になることで、私たちの健康の天敵である悪玉菌を寄せ付けないようにします。

いろいろな糖類の中でも、カロリーが低く尚且つ甘みが程良いのが、まさにオリゴ糖です。これは消化酵素の一種でもあるのですが、悪玉菌にやられることがないようにと、複数の単糖がくっつくような仕組みをしています。どんなに素晴らしい糖類でも、単糖では力を上手く発揮できず、他の単糖と一致団結してこそ意味が出てきます。何かしらの対策をしているのに関わらず、なかなか便秘が治らないという方は、善玉菌に対する悪玉菌の割合が多いことも考えられるのです。悪玉菌が増えると、せっかくの善玉菌も効果を発揮できないで終わります。

肝心のビフィズス菌を増やすためには、まずはオリゴ糖の摂取に手を打つのがおすすめです。コンスタントにできるようになれば、望んでいる結果に直結します。便秘に悩んでいても、まずは焦ることなく少しずつ解決していきましょう。オリゴ糖の摂取を続けるからこそ、腸内の掃除が上手く進むのです。

Published by 運営者